--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OJiM

Ayaさん、
こんにちは!

"Shall We Dance?"を引き合いに出したこの記事、素敵ですね♪

>多くを語らず、身をもって学生に passion を「伝染」させられる英語講師でありたい。それには自分が英語学習に対する素直で真剣な想いを持ち続ける以外にないのだと思います。

Ayaさんのpassionを感じましたよ^^

私もコラボ記事を書いてみました。

05

03

22:11

Aya

ええ、もうチェック済みですよ ^^
大教室で受ける授業なのに先生の名前をフルネームで覚えておられるとは、その先生の「感染力」も強力だったということですね。"Shall We Dance?" は作り手の視線に優しさが感じられて好きなんです。

> Ayaさんのpassionを感じましたよ^^
ちょっとカッコつけ過ぎたかな(笑)でも毎回の授業に "Now or Never" の気持ちで臨んでいるのは本当です。
いえ、そんなにスパルタじゃないですって。ちょっとばかし "S" なだけです。

05

03

23:03

管理者にだけ表示を許可する

05

03

コメント

Be this life - from the movie "Shall We Dance?"

繰り返し見る映画の1つが "Shall We Dance?"。あ、役所広司じゃなくてリチャード・ギアの方です(笑)。日本版オリジナルの忠実なリメイクという位置づけに収まっているこの映画ですが、よく出来ていると思うんです。Amazon の作品紹介によると「美しい妻と娘との生活にちょっとギクシャクしたものを感じていた中年男性が、通勤途中の電車から見えたダンススクールの窓辺に佇む美しい女性にひかれ、スクールの門を叩く。そして踊ることの楽しさに目覚めた彼の退屈な日々はイキイキと変化していき…。(中略)役者の雰囲気はガラリと違うが、かなりオリジナルに忠実な作りになっており、唯一違うのは、スーザン・サランドンが演じた主人公の妻との夫婦関係のあり方くらいだ。」とのこと。アメリカ版は夫婦再生の物語といえます。

05.jpg

きっかけは毎日の通勤電車から見える、窓辺に佇む憂いを帯びた美しい女性。でも主人公ジョン(リチャード・ギア)は徐々にダンスの魅力に引きこまれていき、人生のハリを取り戻していくのですが、その姿を見てかつて夢破れた競技選手であるダンス講師ポリーナ(ジェニファー・ロペス)も競技への再チャレンジを決意します。ダンススクールの生徒全員でエントリーしている競技会を明日に控えたジョンをポリーナがスタジオに誘い、二人で踊るシーンがこの映画一番の見所です。緊張しているジョンに「明日もこんなふうに踊ればいい」とポリーナが身をもって示すわけですが、リードしていたポリーナがだんだんジョンに身を任せ始め、ジョンもしっかりポリーナを受け止め対等に踊る場面は見ているこちらがドッキドキ。でもこのダンスを境に二人の関係にしっかりと線が引かれ、ジョンが夫婦の絆を取り戻すエンディングへの布石になっているわけです。

shall_we_dance_3427_200.jpg

競技会前夜のスタジオ。汗をかき、息をはずませながら見つめ合う二人。そこでポリーナが言うセリフが "Be this life." (これを本番でも)。こんな風に生徒の passion を引き出し、自信を持たせる先生って素敵だと思います。ポリーナ自身ダンスを心底愛していて、少しでもダンスが上手になりたいという素直で真剣な想いがある。それがジョンをはじめとするダンススクールの生徒たちに「伝染していく」ように私には思えます。多くを語らず、身をもって学生に passion を「伝染」させられる英語講師でありたい。それには自分が英語学習に対する素直で真剣な想いを持ち続ける以外にないのだと思います。

映画のメイン・テーマ。伸びやかな肢体の女性ダンサーはまさに眼福。
[広告] VPS
スポンサーサイト

OJiM

Ayaさん、
こんにちは!

"Shall We Dance?"を引き合いに出したこの記事、素敵ですね♪

>多くを語らず、身をもって学生に passion を「伝染」させられる英語講師でありたい。それには自分が英語学習に対する素直で真剣な想いを持ち続ける以外にないのだと思います。

Ayaさんのpassionを感じましたよ^^

私もコラボ記事を書いてみました。

05

03

22:11

Aya

ええ、もうチェック済みですよ ^^
大教室で受ける授業なのに先生の名前をフルネームで覚えておられるとは、その先生の「感染力」も強力だったということですね。"Shall We Dance?" は作り手の視線に優しさが感じられて好きなんです。

> Ayaさんのpassionを感じましたよ^^
ちょっとカッコつけ過ぎたかな(笑)でも毎回の授業に "Now or Never" の気持ちで臨んでいるのは本当です。
いえ、そんなにスパルタじゃないですって。ちょっとばかし "S" なだけです。

05

03

23:03

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aya

Author:Aya
English learner

検索フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。