--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

08

18

コメント

テンプレート変更のご挨拶

3か月間更新がなかったのにもかかわらず、アクセスしてくださっていた方、本当にありがとうございます。今日は日本語で長めのご挨拶。あ、テンプレートが変わりました。ちょっとしたリニューアルです。

ここ8か月間、今年9月の刊行に向けて単著と共著の執筆に集中していたため、ブログ記事を書く気持ちのゆとりがありませんでした。授業のかたわら毎日一定量の原稿を書いてはいるのですが、そこで「書きたい熱」のようなものを出し切ってしまうんでしょうね。日本語ブログを去年12月に始めたのも(現在は閉鎖中です)、Learning by Teaching から遠ざかった理由の1つかもしれません。棲み分けを深く考えず始めた自分がアホでした。締め切りに追われる日々の現実逃避から、Twitter や Facebook の滞留時間も多くなっていました。反省すべき点です。

先日、最近始めたインターネットラジオ番組でこのブログを読んでくださっていた方とお話ししました。ありきたりな表現ですが、嬉しかったです。ブログ更新を頻繁にしていた時は正直、「誰が読むんだ、コレ?」と思いながら書いていました。「仕事以外では自分の為に好きなように書きたい」と思っているからこそ、そんな勝手なヤツの書く、しかも英語の記事をわざわざ読んで下さる方がいることの有難みは、自分なりにわかっているつもりです。みなさん、本当にありがとう(笑)。

これから刊行される2冊の執筆依頼は、実はこのブログがきっかけの一つでした。とある大手出版社の方から突然連絡があり、怪しみながらもお話を伺っていくと、私のことをオンラインでお知りになり、このブログもチェックしてオファーを下さったとのこと。2012年8月といえば私は出版実績がゼロだった時期です。そんな人間を書き手に選んでくださった編集者の方には感謝してもしきれません(というか、かなり思い切ったことをする人がいるもんだなぁというのが私の正直な感想です、本当に)。

出版・執筆活動は大げさに言えば「命を削る」といいますか、非常に消耗する作業です。もちろん好きな英語を書ける、ネイティブやバイリンガルのパートナーとコラボできる、プロの校正者に英語を直してもらえる、と嬉しいこともあります。ですがチームのプロジェクトとして行う以上、出版活動は実に神経を使う、骨の折れる仕事ですし、またそうでないといけない。現在も月末までのプロジェクトが1つあり、新しい企画が9月から本格始動するのですが、ここで一度、自分の英語に対する姿勢をリセットしたくなりました。

で、そんな時に戻ってくるのがココなんですねぇ。不思議なものです。これからも一人の英語学習者として、英語学習の一環として、細々とでも英語での発信を続けていきたいと思っています。ここ3年、私の成長を支えてくれたもの、その原点はこのブログです。英語学習のコツやTOEIC受験情報といったお役立ち情報を期待されている方は、才能あるブロガーが運営されている多くの優良ブログを閲覧下さい(こうした方たちの発信力と善意のお気持ちは本当に素晴らしいです)。Learning by Teaching は「へぇ、こんな英語学習者がいるんだ」といった気持ちでたまにご訪問いただけると嬉しいです。

お読みくださりありがとうございます。

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aya

Author:Aya
English learner

検索フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。