--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/42-02337f3f

02

15

コメント

姑息さと背徳感とバレンタインディ

昨日は雪のSt. Valentine's Day になりました。この時期になると我が家では毎日のように「バレンタイン・キッス」が唱和されます。あのつい歌いたくなる感じはなんなのでしょうか(笑)年に一度ヘビーローテーションされるこの歌のおかげて、国生さゆりのタレント生命が維持されているといっても過言ではないでしょう。この時期思い出すのが小学校6年生の時のバレンタインディ。自分の姑息さ(大げさか)に今でも思わず苦笑してしまいます。

Valentines-Day.jpg


6年生になってから小学校に転校生がやってきました。双子の男の子で2人とも目や髪が茶色がかっていて背も高く、人目をひく容貌でした。兄は線の細いハンサムで、弟はがっしり系のイケメン。弟の方が我々の組に入りました。「まぁいろいろ教えてやってくれ」という担任の指示で、がっしり系イケメンのタケシが隣の席に来ました(Yes! ナイス担任!)いや、もうクラスの女子は色めき立ってましたよ。自分の当時のお気に入り男子は地域の野球部でエースピッチャーを務める、先生の覚えもめでたい文武両道・優等生タイプ。でもすぐとってかわりました、この転校生に。

当時、担任の発案で「クラス内郵便」のシステムがあり、ポストに手紙を入れておくと当番が配達する仕組みになっていました。席は隣なのにわざわざ手紙の交換をしたりしてタケシと「秘密の共有」にいそしんでいました。席が離れてもこのやり取りは続き、中学受験の勉強に集中していた自分には学校に行く大きなモチベーションのひとつになっていたと思います。そうなれば卒業も間近な2月のバレンタインディにはチョコレートを渡したいわけです、タケシに。クラスメイトにバレたら嫌だし、でも渡したいしで考えたのが、「チョコ欲しい人アンケート」をとって回答者全員に配る体で、タケシにも渡すというカモフラージュ作戦!女子の友達にも誰にも言わず粛々と準備し、1つだけメッセージ付きの特別なチョコレートを用意して作戦は大成功。今思うと無邪気な話ですが、あのゾクゾク感とちょっとした背徳感は今でも忘れられません。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/42-02337f3f

プロフィール

Aya

Author:Aya
English learner

検索フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。