--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/41-c065e369

02

14

コメント

進化に必要な触媒

今週末は「TOEICスコアアップ指導者養成講座」 http://www.alc.co.jp/event/11/0212/ で2日間みっちり勉強してきました。今年で7回目を迎えるこのセミナー、今回は満席だそうです。去年は仕事の都合がつかず断念したのですが、今年は1日代講を立てて初参加することが出来ました。2日間で得た大量の刺激とインプットを消化するのに少し時間はかかると思いますが、出来ることから少しずつ自分の授業でアウトプットしていくつもりです。さっそくやってみようと思ったのが「自分の授業を録音してその日のうちに聞く」というセルフフィードバック。自分にとってハードルが高いけどやったらとてもいいに違いない、いつかやろうと思っていたことだったので、これをいいキッカケとしたいと思います。

講師の方がおっしゃっていたのは「自分の話し方を批評するというよりも、ふと口をついて出た”またよそでも話したいネタ”を捕捉するためにやる」という姿勢。アラ探しではなくネタ探しと思えば、少し気も楽です。最近聞いた自分の声は、2年前に音声学のリサーチで学生に模擬授業をさせてもらったときに録音した音声。いやぁ、かなりがっかりしました(笑)。もっと上手に喋れていると思っていました(汗)。昨年TOEIC Speaking Test対策に練習問題を録音した時も同じく。でもこれが相手に聞こえている自分の声と話し方なんですよね。

使っているのはオリンパスのVoice-Trek DS-51
olympus.jpg


小さい頃から写真が大嫌い、返されたテスト答案はろくに見ないという悪いクセが未だに直せないでいるのは、やはり「自意識が過剰」なんでしょうね。人からどう見られているか気になるのに自分を直視できないとでもいうのかなぁ。でも講師という仕事をしていく以上、自分を客観的に見つつ直すべきは直し、良いところは伸ばすという習慣はとても大切です。講座参加者の方も「自分の声は聞き続けていると2週間くらいで意外と慣れる」とおっしゃっていたので、スケジュール的にも気持ち的にも余裕のあるこの時期にチャレンジしてみようと思います。

「TOEICスコアアップ指導者養成講座」に参加する前には知りえなかった・考えもしなかったようなことが今、自分の頭にたくさん詰まっているというのは幸せなことです。3日前の自分より確実に進化している(正確には”進化のキッカケをつかんでいる”)。課題が上手く出来なくてくやしい思いをするのも、経験やスキルに勝る受講生に圧倒されるのも、すべて進化に必要な「触媒」です。1週間後の提出課題、2週間後の講座後半に向けていい緊張感を維持したいと思います。今の自分にはどんなテストアイテムが書けるのか(または書けないのか)そこで発見できる予定です。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/41-c065e369

プロフィール

Aya

Author:Aya
English learner

検索フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。