--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/25-67e2462e

01

20

コメント

"Battle Hymn of the Tiger Mother" by Amy Chua

The New York Times紙で話題になっているこの本、web上の抜粋しか読んでいないので正式なreviewとは言えませんが、面白い本なので記事にしてみます。この中国系アメリカ人のお母さん(ご本人はYale大学ロースクールの教授)の教育方針は一言で「猛烈」。"Battle Hymn of the Tiger Mother""

2008-5-1-cehwwah-copy.jpg


たくさんの"Not to Do List"の中には「お泊まり会の参加は禁止」「テレビ・コンピュータゲーム禁止」「すべての科目でA以下の成績をとってはならない」といった項目が並びます。ピアノが完璧に弾けないとお気に入りのぬいぐるみを燃やすと脅したり、娘たちが贈ってくれたバースディカードを書き直させた、などエピソードも猛烈です。おかげで2人の娘さんはカーネギーホールで演奏するほどの腕前だとか。

親が子育てに関する本を出版するのはよくある話で、古くは「積木くずし」なんかがありますが、自分はいつも題材にされた子供の気持ちを考えてしまいます。もし私がその子供の立場なら「親は自分を使って売名・金儲けした」と確実に思ったと思います。(ちょっとひねくれてますかねぇ ^^;) 別に本なんか出版しなくたっていい親はいい親だし、親御さんが誇りを持つべきは成長した子供の姿だと思います。

はたして彼女の娘さんたちはどんなことを感じたり考えたりしているんでしょうか。これから迎えるであろう思春期には、母親に対して一時的に反抗心を持ったりするかもしれません。でも社会に出てしばらくすれば、親が躾けてくれた「勤勉さ」「努力体質」などをありがたく思うに違いありません。ただ人間関係の構築には苦労するだろうなぁ。だってある意味「温室育ち」ですからね。特に女の子同士のグループダイナミクスはどこの国でも複雑なはずです。

先日「子供が偏差値55以上になれるかはほとんど遺伝の問題らしい」という話を、お子さんが中学受験を控えたお母さんから聞きました。彼女の娘さんたちは遺伝的要素はバッチリなはず。どんな女性になるか、注目してみたいと思います。ほら、こういう興味本位の輩が出てくるのも子育て本を出版する弊害の一つかと。でもこんな猛烈ママを持った娘さんたちなら、そんなプレッシャーは屁でもないか(笑)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/25-67e2462e

プロフィール

Aya

Author:Aya
English learner

検索フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。