--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/10-f1566766

12

31

コメント

教わりながら教える

2009年1月から始めたTESOL修士課程も通学開始から丸2年経ちました。2009年はIntroコース、Sound System、MethodⅠの選択1科目と必修2科目を履修。2010年はMethodⅡ、Pragmatics、New Grammarsの同じく選択1科目と必修2科目を履修しました。残るは5つめの必修科目「第二言語習得(SLA)」と選択科目が3つ。2011年以降は残り4科目を一年半かけて履修するペース設定です。

仕事を減らさずに通学し続けるのは自分にとってはなかなか骨が折れる話で、nativeたちが週2・週3ペースで履修し1年半ほどで卒業していくのを横目に、かたつむりのごとく進んでいます。自分のテスト勉強と(担当学生が受ける)テスト作成・採点・成績処理が重なってしまうと大修羅場!いまのところタイミングよくそれらが分散されて小修羅場で収まっています。

しかし身体はキツくても、「教わりながら教える」という循環は気持ちの面では充実できます。自分が授業をしていて、その時コースを取っている先生の口調や講義スタイルをいつのまにか真似ている自分に気付くこともあるし、学生として「それはないよ~(汗)」と思ったことは自分の学生にはすまい!と誓ったりもします。

そう考えるとこのまま卒業せずに学生をずっと続けている方がいいのかと魔が差すこともありますが(笑)、それはそれ。しかしいつも学生の面倒をみる側の自分が、面倒をみてもらう側になれるのは実にありがたい。単純な自分は「してもらったことをしてあげよう」という気持ちになれるside effectが大きいです。2011年もこの調子でぼちぼちやっていきます。




スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ayay515.blog111.fc2.com/tb.php/10-f1566766

プロフィール

Aya

Author:Aya
English learner

検索フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。