--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

17

コメント

"The Bridge Across Forever" - Richard Bach

This is the second book of Richard Bach’s that I’ve read. I could’ve read another famous novel “One” instead, but I was very much intrigued by the title itself. Despite the initial drive and enthusiasm that forced me to click on “Purchase Button” on Amazon as soon as I found the book, it took a while for me to finish the whole thing. It was rather dull to me that it took ages for Richard and Leslie realized and verbalized how they were in love with each other. It was like “For how many more pages should I wait to get to the point? Why not get it done now?" Things changed, at least for me, when they talked on the phone for nine hours (!) trying to repair their relationships. The call was made by Richard who’d never re-approach a girl who left him after a fierce argument. While reading their conversations, or discussions to be more precise, I was leaning towards Richard’s side more than on Leslie’s. I don’t really understand how Leslie could be that emotional and expressive to Richard to begin with. She screamed and yelled at him several times before they finally got together. I’ll never imagine myself doing that to anybody. I wouldn't forgive myself if I did something so terrible to someone else.

Another thing that I don’t understand Leslie and feel sympathy for Richard is that she got so unimaginably furious when he proposed spending some time separately. Leslie doubted his love, jumping on the thought that he wanted to run away from her, but Richard just needed a little bit of solitude on his own. Could women be that suspicious, jealous, and silly? I’d understand or even welcome his proposal to be separat for (just!) a few weeks to enjoy “limited” solitude, knowing we’d get together sooner or later. I’m a type of person who considers solitude as indispensable for humans to keep their sanity and get a good hold on who they are. But I know that there are people out there who won’t pay much respect to their time alone and seek togetherness with somebody else all the while. I guess it’s just a matter of personal preferences or philosophy, but if I were Richard, I wouldn’t choose a girl like Leslie as a lifelong partner now matter what other great personal traits she has. Or how Leslie behaves toward Richard evokes my deep-rooted femininity that I subconsciously refuse to acknowledge? Yes, it’s likely.

That all said, I pretty much enjoyed reading the book as well as the parts that I’ve known as well-known quotes. One of my favorite, I believe so to many, is the following.

The opposite of loneliness, it's not togetherness.
It is intimacy.


This is what Richard had in his mind when he was about to lose Leslie. I know, as much as others do, that togetherness doesn’t necessarily ease or subdue one’s loneliness. It could be like “The more you’re together with somebody, the more you realize you’re totally alone.” Intimacy doesn’t always mean being together in a physical sense. To me, intimacy is best realized in the form of understanding who each other is, sharing what each other is thinking, and acknowledging the fact that each other is there for themselves. I hate depending on others about the matters that I think should be in my hands, and that’s what I’ve been doing all these years. Yet, having someone who we’d feel intimacy with is way more than we could expect from our lives. We could feel intimacy not only from other people, but also from novels, poems, or music. We could even have a dialogue with the authors or musicians who’d already passed away. "The Bridge Across Forever" is the book that reassures us that it’s okay for us to seek such intimacy and it might be possible for us to obtain one or more in the course of our lives.


It's a romantic book cover that makes girls want to read its content.
55946619_b.jpg
スポンサーサイト

05

22

コメント

"Jonathan Livingston Seagull"

"To fly as fast as thought to anywhere that is now - you begin by knowing that you have already arrived..."

from Richard Bach "Jonathan Livingston Seagull" http://www.amazon.com/Jonathan-Livingston-Seagull-Richard-Bach/dp/0380012863

This is the quote that had me pick up the book and threw me into a nonstop reading throughout a two-hour train ride. (Yes, I commute that far twice a week this year!) The book was published more than four decades ago, but has never gone obsolete. After two years since its first publication in 1970, the book reached the top of New York Times Best Seller List for 38 weeks. Here is a part of the book review by Gail Hudson appeared on Amazon.com. "Ultimately this is a fable about the importance of seeking a higher purpose in life, even if your flock, tribe, or neighborhood finds your ambition threatening … By not compromising his higher vision, Jonathan gets the ultimate payoff: transcendence. Ultimately, he learns the meaning of love and kindness … this is spirituality classic and an especially engaging parable for adolescents."

According to our reliable as well as economical English language learning tutor that is always available whenever in need with a couple of clicks, Merriam-Webster Online, 'transcendence' is defined as "the quality or state of being transcendent". Well, well, that happens all the time when searching a word in E-E dictionary. Why not go checking ‘transcendent’..... OK, here it goes, folks. "Definition of transcendent"- 1a): exceeding usual limits: SURPASSING 1b): extending or lying beyond the limits of ordinary experience 1c): in Kantian philosophy : being beyond the limits of all possible experience and knowledge 2): being beyond comprehension 3): transcending the universe or material existence 4): universally applicable or significant. The above review states that Jonathan obtained something related to definitions in 1b) and 3), or in other words, freedom to be himself, to be the true self anytime anywhere without obstruction or limitation, which is nothing more than my shallow understanding though.

The last words that Jonathan is given by his teacher Chiang after he's mastered how to fly as he wishes are "Keep working on love". Through Chiang's teaching, Jonathan realizes that the spirit cannot be really free without the ability to forgive what seems unforgivable, and this enlightenment leads Jonathan to become a teacher to instruct other seagulls who also want to fly as they wish. Jonathan teaches six young seagulls, and one of whom, Fletcher Seagull, becomes a new teacher eventually. When Jonathan is about to vanish in the air, he gives Fletcher these words, which almost made me burst into tears on train with all the passengers around me. "Don’t believe what your eyes are telling you. All they show is limitation. Look with your understanding, find out what you already know, and you'll see the way to fly." Isn’t it something to those who are engaged in whatever is called 'education'? I do think so.


3626708722_9363616fdd.jpg

05

14

コメント

音読と黙読のスピードは同じか (「英会話の正体」 山本大)

昨日とある出版社の方から「好きな本を持っていっていいですよ」という垂涎もののご厚意を受け、この本 英会話の正体 (山本大 著) をいただきました。というのも、ペラペラめくっていたページ中に「音読と黙読のスピードは同じだ!」という章があり、私の目はそこに吸い寄せられてしまったからです。「音読が速くスムーズにできるようになれば、黙読も速くなる」(163ページ)という著者の意見には賛成です。自分も1つ前の英文記事で Beauty of "Ondoku-Faster" 「速音読は "Readign Fluency (黙読での速読力)" の向上に効果がある」と書きました。著者はさらに「一般的には黙読の方が音読よりずっと速く読めると誤解されていますが、それは事実と異なります。(中略)黙読の場合は唇を動かすことがないので、その分速いような気がするだけです。」と続けていますが、これってそう言い切ってしまっていいのでしょうか。

著者は我々の母国語である日本語を例にとり、「日本語の本が速く読めるのは、黙読しても速く読めるから」とし、「黙読で速く読めるのは日本語の単語・熟語・フレーズ・センテンスを熟知しているから。その結果、意味の区切りも楽に読み取り、スムーズに音読できる」(163 ページ)という事実をもってして、音読スピード=黙読スピードと結論づけているように自分には読めました。しかしこれは、単なる結果論のように思えます。音読スピードが黙読スピードより速くなることはないにしても、黙読スピードは音読スピードより速いし、実際速くなるよう訓練することは可能だと思うのは自分だけでしょうか。例えば自分がTOEICのパート7 を解くときの黙読スピード(1分間に300 ワード前後)は、同じパッセージを音読するときよりもずっと速いはずです。自分が日課にしている "Speech Practice" を例にとると、決まった素材を繰り返し練習しているという条件でさえ、5000 語音読するに30 分前後かかります。つまり1分に音読できる語数は160 ワード前後ということです。これは自分の黙読スピード、つまり毎分300 ワード前後のおよそ半分です。たしかに黙読をどのように定義するか、つまりTOEICパート7ような「情報検索読み」なのか、人文系のエッセーを味わいながら読む「精読・熟読」なのかによって、議論は全く変わってくると思います。ただ英語学習指南書で「音読と黙読のスピードは同じだ!」と言いきってしまうのは、誤解を招く表現だと思わざるをえません。少なくとも音読の効用を訴えるのに適した表現ではない。自分なら「黙読スピードは、読解の目的によってもっと速くなるよう訓練できる」と書き添えるか、別の章で黙読スピードアップの方法を論じます。

著者は「音読はセンテンスの区切りが大切で、意味の区切りを理解しながら読むが読解である」としており、これに異論はありません。でも「英文の区切りを理解する」ことと「それを自然に音読できる」ことは別に考えた方がいいと思います。自分が思う「音読の効用 (Beauty of "Ondoku")」は「日本語の介入・介在がゼロの状態で英文を理解する練習になる。それが英文読解の正確性を高め、ひいては速読力を高める」 これに尽きます。まぁ効果さえ実感できれば理屈はどうでもいいのが本音ですから、自分は引き続き "Speech Practice" を続けます。実際、これを習慣にしてから授業で話す英語に(自分が)ストレスを感じることはないですし、音読を30分前後してから授業に行くので、最初からトップギアの英語が口から出てきます。語学学習に必要なのは「才能や環境」ではなく、なにより「止めない根性・続ける根気」ですからね。一生追い続けたいものがあるのって、本当に幸せです。


There's NO limit in learning English. Aim your sights high and reach for the sky!

1287695836cOt1Kd.jpg

05

03

コメント

Be this life - from the movie "Shall We Dance?"

繰り返し見る映画の1つが "Shall We Dance?"。あ、役所広司じゃなくてリチャード・ギアの方です(笑)。日本版オリジナルの忠実なリメイクという位置づけに収まっているこの映画ですが、よく出来ていると思うんです。Amazon の作品紹介によると「美しい妻と娘との生活にちょっとギクシャクしたものを感じていた中年男性が、通勤途中の電車から見えたダンススクールの窓辺に佇む美しい女性にひかれ、スクールの門を叩く。そして踊ることの楽しさに目覚めた彼の退屈な日々はイキイキと変化していき…。(中略)役者の雰囲気はガラリと違うが、かなりオリジナルに忠実な作りになっており、唯一違うのは、スーザン・サランドンが演じた主人公の妻との夫婦関係のあり方くらいだ。」とのこと。アメリカ版は夫婦再生の物語といえます。

05.jpg

きっかけは毎日の通勤電車から見える、窓辺に佇む憂いを帯びた美しい女性。でも主人公ジョン(リチャード・ギア)は徐々にダンスの魅力に引きこまれていき、人生のハリを取り戻していくのですが、その姿を見てかつて夢破れた競技選手であるダンス講師ポリーナ(ジェニファー・ロペス)も競技への再チャレンジを決意します。ダンススクールの生徒全員でエントリーしている競技会を明日に控えたジョンをポリーナがスタジオに誘い、二人で踊るシーンがこの映画一番の見所です。緊張しているジョンに「明日もこんなふうに踊ればいい」とポリーナが身をもって示すわけですが、リードしていたポリーナがだんだんジョンに身を任せ始め、ジョンもしっかりポリーナを受け止め対等に踊る場面は見ているこちらがドッキドキ。でもこのダンスを境に二人の関係にしっかりと線が引かれ、ジョンが夫婦の絆を取り戻すエンディングへの布石になっているわけです。

shall_we_dance_3427_200.jpg

競技会前夜のスタジオ。汗をかき、息をはずませながら見つめ合う二人。そこでポリーナが言うセリフが "Be this life." (これを本番でも)。こんな風に生徒の passion を引き出し、自信を持たせる先生って素敵だと思います。ポリーナ自身ダンスを心底愛していて、少しでもダンスが上手になりたいという素直で真剣な想いがある。それがジョンをはじめとするダンススクールの生徒たちに「伝染していく」ように私には思えます。多くを語らず、身をもって学生に passion を「伝染」させられる英語講師でありたい。それには自分が英語学習に対する素直で真剣な想いを持ち続ける以外にないのだと思います。

映画のメイン・テーマ。伸びやかな肢体の女性ダンサーはまさに眼福。
[広告] VPS

04

15

コメント

メタリカ:真実の瞬間 (Some Kind of Monster)

Hard Rock や Heavy Metal が好きだと英語講師としてはかなり得です。二十歳前後の男子学生はその手の音楽を聴いていることが多く、その話題で距離が一気に縮まり、学生との信頼関係が深まる場合があります。でも自分の趣味を講師控室でカミングアウトしてはいけないことは経験から学びました。「えっ!君みたいなprofessionalで "普通" の人が Judas Priest みたいな(loser しか聴かないような)音楽が好きだなんて。。」とアメリカ人講師にかなり真顔で言われたときは、どんな反応をしたらいいか分かりませんでした。たしかにこの手のバンドのライブ映像で見ると、観客は常に10~20代のキッズが中心で、日頃のストレスや社会に対して感じている理不尽さや不満を音楽にぶつけているようにも見えます。こうした音楽発祥の国で生まれ育ち、かつ高等教育を受けた人の中には、そう見る人がいても無理はありません。彼らに何か言うとすれば「ほっとけ」ですけど。

「メタリカ: 真実の瞬間 (Some Kind of Monster)」は先月の一人旅に持って行ったDVDの1つです。2年前にTOEICクラスを担当した男子学生と音楽の話になり、「先生、オレ最近、メタリカのドキュメンタリーでリスニングのトレーニングしてんすけど、もう結構聴き取れますよ」と言ってくるので彼を激賞し、すぐYouTubeで映像をチェック。いずれ全編を見ようと思っていた映画でした。メタリカの最大のヒット曲は、MLB・Yankees リベラ投手の入場テーマになっていたこの曲です。※クリックすると音が出ます。 Mariano Rivera Tribute (METALLICA "Enter Sandman")  彼らは「タモリ倶楽部」の空耳アワーの常連バンドでもあるのでそれでご存知の方がいるかも。(えっ!逆にもっと分からない?)Amazonの商品紹介レビューを一部ご紹介しますと、「1981年、米・西海岸で結成。過去10年間でビートルズやマドンナを凌ぐセールスを叩き出しているへヴィメタ界の帝王である。この映画は、バンドという組織の中で葛藤し、新たな道を見出してゆく男たちの3年間を追った信実の人間ドキュメンタリーである。」20年(撮影当時)のバンドキャリアの中でも最も荒れて崩壊寸前だった時期のバンドを姿が、赤裸々に映し出されていました。

英語学習の面でも、台本のないドキュメンタリー映画は出演者の生の言葉、感情の伴った言葉がその状況と一緒に聞けるので、絶好の言語素材といえます。DVDであれば英語字幕も表示できますので、何回か英語音声のみで観て、これ以上新しい発見がないと思ったら英語字幕で確認する、というのが1つの方法かと思います。自分がこれから使ってみたいと思ったフレーズは「downplay my ego(自我を抑える)」「wipe the slate clean(いったん物事をリセットする)」「I got myself drunk to numb the pain.(酒でツラさを紛らわす ※自嘲気味)」などなどたくさんありました。また言葉の間を埋める filler や会話を始める切り出しの言葉である gambit も映像と音でお手本が見られるので、最高のスピーキング学習素材です。ドラマや映画は練られたセリフを楽しむ、ドキュメンタリーはライブ感溢れる英語を楽しむ、といったところでしょうか。

ストーリーはバンドの再生で幕を閉じます。才気に溢れ、それ相応の自我もあるミュージシャン4人が、バンドとしてのchemistryを保ちながら30年もの間活動を続けていくというのは、もう奇跡としか言いようがありません。映画の前半でかなりの存在感を醸し出していたセラピストは、バンドが絆を取り戻したのを機に契約解除になるのですが、その往生際が悪かったように見えてちょっとガッカリ。だって「メタリカのセラピストやってます」ってすごい肩書になりますもんね。おいしい仕事がたくさん舞い込んできたはず。金銭的にも成功したバンドにはその富と知名度ゆえに、我々の知り得ない苦労があるのでしょうね。しかしヴォ-カル兼ギターのJames Hetfield は年を重ねることに逞しく、カッコよくなっているのに驚かされます。人間、こうでなくちゃ。Jamesは「喉発音」がカンペキで(nativeだから当たり前なんですが)、一日中声を聞いていたいほど。それほど聞いていたい声の主が話す英語なら、motivationも落ちないというものです。彼のインタビュービデオを何本かiPodに落として、通勤時に聞いています。これじゃ高校生の時にやっていたこととさほど変わりませんねぇ。


20年ほど前のJames。当時はカッコよさに気付かず。
james46.jpg

現在はイケてる兄貴風 ※WWE所属レスラーではありません。
imgJames20Hetfield17.jpg

プロフィール

Aya

Author:Aya
English learner

検索フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。